叩くな!

「ちょっとぉ、うるさいんですけどぉ、夜中なんで静かにしてもらえます?」

古いワンルームの隣人が苦情を言ってきた。

カーペットのほんのちょっとしたシコリが気になっていた。

わたしはそれを潰そうとバンバン叩いていた。

― 苦情がくるほどお隣に響いてるのか・・・ここ壁うすいもんなあ・・・ ―

でもまだ、そのシコリが気になって仕方が無い。

わたしはお隣が出かけるのを確認してから、カーペットのシコリをバンバン叩いた。

平らになりそうで、なかなか平らにならない。

その時、怒鳴り声が響いた。

「叩くな!」

― お隣はさっき出かけたはず・・・戻ってきたのかな? ―

「ごめんなさーい」

わたしは返事を返した。

その後も、お隣が出かけたのを確認したあとや、できるだけ響かないようにしながらカーペットを叩いた。

そのたびに、お隣から

「叩くな!」

と怒鳴られた。

すっかり隣人トラブルだ。

わたしは部屋を出ることにした。

引っ越し作業のとき、カーペットを剥がした。

下から潰れた黒いモノが出てきた。

ただの綿ゴミだろうと無造作に拾い上げたら、感触が違った。

― なんだこれ? ―

わたしはそれを天にかざし、しげしげと観察した。

それはペッチャンコになったカエルのミイラだった。

― これが『叩くな!』って怒鳴ってたのか・・・ ―