取ってえな

中学生のときの体育祭での出来事です。

昼の部がはじまって間もなく、わたしはトイレに行きたくなりました。

大きいほうです。

クラスの悪友に知れたら、イタズラしに来るかもしれません。

落ち着いて用を足したいわたしは、誰も来ないであろう校舎の3階へこっそり向いました。

その一番奥の、今まで利用したことの無いトイレに入りました。

個室で腰を下ろしていると、人が入ってくる気配がしました。

― こんな人気の無いトイレにくるやつが、俺以外にもいるのか? ―

と思っていると、その人はわたしの個室のドアの前にやってきて、

「紙、取ってくれへん?」

と声をかけてきました。

トイレットペーパーのことと思い、予備のやつに手をかけると

「それと違うがな」

と言います。

「後ろにあるやつや」

振り向いて見上げると、そこに御札が貼られていました。

「それがあると入られへんねん。なあ、頼むから取ってえな」

わたしは用足しもそこそこにして、勢いよく扉を開けると全力で駆け出しました。