空き家での出来事

小学生の頃のこと。

町の社宅が立ち並んでいた一画が、再開発のため取り壊されることになった。

俺たちはそのうちの一軒の空き家に入り込んで遊んでいた。

塀を伝って2階にあがり、そこの窓から入る。

取り壊されるまでの間、俺たちの秘密基地だ。

俺たちはマンガやカードゲームを持ち込んだ。前の住人が置いていったマンガ雑誌などもある。

小腹が空いたら食べようとスナックや菓子パン、ジュースなども用意していた。

ゲームに飽きて俺たちは思い思いに寝転がって、スナックを食べながらマンガを読み始めた。

その時、突然金縛りにあった。

ミシミシと床を踏みしめる足音がした。

何者かが階段を上がってくる。

白い足が俺の頭の横を通り過ぎるのが見えた。

顔を見るとヤバイ気がしたので、俺は目を閉じてやり過ごすことにした。

それは俺たちの周りをぐるぐる廻っているようだった。

気付くと夕方になっていた。

俺たちは慌てて荷物をまとめてその場を逃げ出した。

見るとパンは踏まれて潰れていた。

そんなもの食べられるはずもなく、かといって捨てるにはもったいない。

ちょうどそこにクラスメイトが通りかかった。

「潰れちゃってるけど・・・食べる?」と潰れたパンを差し出すと、

「潰れたから味が変わるもんでもないだろ」と言いながら、そのパンをうまそうに食べた。