冷え込んだ夜の出来事

ひどく冷え込んだ夜のこと。

わたしはコタツに入ったまま眠っていました。

真夜中に、消したはずのテレビがついているのに気付きました。

― 寝返り打ったときに、リモコンに手が触れたかな? ―

わたしは手探りで、枕元にあるはずのリモコンを探しました。

見つかりませんでした。

「どうでもいいや」

ひどく眠かったわたしは、そのまま再び眠りにつきました。

翌朝、テレビが消えていました。

テレビのリモコンは、わたしが寝ていたコタツの反対側にありました。

― なんでこんなとこに?いつも枕元とか手の届くとこに置いてあるのに・・・ ―

窓を開けて外を見ると、雪が積もっていました。

― どうりで夕べは寒かったわけだ ―

玄関ドアを開けて見ると、雪はマンションの通路にまで吹き込んで積もっていました。

ドアの前に子供の足跡があるのに気付きました。

その足跡はわたしの部屋の玄関前で消えていました。

わたしの部屋のある7階から見渡すと、その足跡は民家の屋根を伝って、点々と玄関前まで続いていました。

― もしかして ―

裏へまわって、部屋の反対側のべランダに出て見ると、そこに足跡がありました。

見渡すと、やはり民家の屋根に歩き去った足跡が、点々と果てまで続いていました。