深夜残業

それは資料の整理を頼まれて、夜遅くまで一人で残業していたときの事です。

その部屋の壁面には黒くすすけた部分があり、いつも不思議に思っていました。

ついうとうとして顔を上げると、日付も変わって夜半の1時を過ぎていました。

見ると積み上げられた資料の山越しに、人の頭が動いているのが見えました。

いつの間にやら向いのデスクで作業をしているようです。

「お疲れ様です」と声をかけたが、反応がありません。作業に集中しているようで、せわしく頭が左右に動いているのが見えました。

しばらくした頃に、

「喉かわきませんか?自販機行って何か飲み物でも買ってきましょうか?」

そう言って立ち上がって資料越しに向かいを覗き込みました。

そこには黒くて丸いものだけがフワフワ浮いているだけでした。

― 風船かな? ―

そう思って見ていると、

それがゆっくりわたしを見上げました。真っ黒な中に目鼻が見て取れました。

それがニヤッと笑ったかと思うと、こちらに向って飛んできました。

― うぉっ! ―

わたしは慌ててのけぞって、それを避けました。

わたしは椅子に足をとられ転倒していました。

気付くと、あの真っ黒な生首はどこにもありません。

ただ、わたしの頭上の壁面に黒いすすの部分がありました。

なぜそこにすすけた部分があったのか、わかった気がしました。