心霊見て

近所のおじさんが死にました。

そのおじさんはよく、わたしがひとりで壁当てしいると、バットを持って出てきてノックをしてくれました。

ある時、冗談でそのおじさんに言いました。

「おっちゃん死んだら、化けて出てな。いっぺん幽霊見てみたいねん。そしたら、ぼくもおっちゃんの頼み聞いたるわ」

おじさんは苦笑しながら

「ええよ」

と言いました。

それから間もなくのことです、おじさんが亡くなったのは・・・。

そして、おじさんはわたしが頼んだとおり、霊として現れるようになりました。

家屋や電柱の物陰からわたしをジッと見て、何やら小声でブツブツ言っています。

それは「心霊見て、心霊見て」と言っていました。

おじさんの霊は毎日しつこいように出ました。

そして、ある時。

「心霊見て、心霊見て」

「今見てるよ」

「心霊見て」

「だから今見てるって」

あまりにしつこいので、わたしは怒って近くへ寄ってみました。

近くで聞くとそれは「心霊見て」とは言っていませんでした。

「死んでみて」

と言っていました。