床屋

白髪が目立つ年齢になってから、床屋で髪を染めてもらうようになりました。

髪を染めてもらったあと、髪に染料を馴染ませるために20分ほど時間を置きます。

その間に、お昼ということもあって店主は奥で弁当を食べ始め、わたしは眠ってしまいました。

ふと目が覚めると、いつの間にやら隣の椅子に、男の子が座っているのが、鏡越しに見えました。

ひどく眠かったこともあって、わたしは再び眠り始めました。

ポンポンと店主に肩を叩かれ起こされました。

横を見ると男の子はいませんでした。

「だいぶん寝てた?」

と伸びをしながら聞くと

「いえ、ちょうど20分ですよ」

「え!20分でさっきの子の散髪終わったの?」と聞くと、あれから誰もお客さんは来ていないと言うのです。

すると突然、わたしの椅子がガタンと落ちたかと思うと、店内にキャッキャッキャッと男の子の笑い声が響きました。

店主は男の子の笑い声が響く店内を見渡しながら言いました。

「店の前に盛り塩したのですが、それでもきちゃうんですねえ」