はしゃぐ女児たち

ある田舎道で車を走らせていたときのこと。

信号待ちで車を停車させました。

前に停まっている車の後部座席を見ると、ふたりの女児がはしゃいでいるのに気付きました。

どうやら姉妹のようです。

女児たちはわたしに気付くと、座席の影にかくれんぼして突然現れて「バァ!」としたり、アカンベーしたり、面白い顔をして笑わせようとしてきました。

― かわいいなあ ―

と思ってしばらく眺めていました。

ところがなかなか前の車が走り出しません。

いつまでも走り出さないので、長い信号だなと思って前方を見ると、そこには信号がありませんでした。

― なんだ駐車してるだけかよ ―

わたしはふたりの女児にバイバイと手を振って、車を走らせました。

前の車の脇を通り過ぎようとしたときに、その車がボロボロなのに気付きました。

それは何年もその場所に放置された車輌でした。

見ると、たった今まではしゃいでいた女児たちは、車内から忽然と消えていました。