はやく、はやく

中学生の頃、友人とふたりで遠出しようという話になった時のことです。

ちょっとした冒険気分で、川沿いを出来るだけ遠くへ行ってみようと、わたしたちは自転車で二人乗りして堤防沿いを走っていました。

ふと、堤防の下を見るといつの間にやら、おじさんが自転車を走らせていました。

その道は堤防から一段下がった道で、堤防と同じように長い一本道になっています。

おじさんを見下ろしながら自転車をこいでいると、後ろの友人が言いました。

「おい、負けてるぞ」

おじさんもこちらをチラチラ見ながら、スピードを速めたりしています。

友人も

「はやく、はやく」と私を激しく煽りました。

わたしも煽られるまま、おじさんに負けまいとスピードを早めました。

おじさんを眼下に見ながら、ペダルを踏みしめていると、

突然グインっと自転車ごと持ち上げられた感覚が襲いました。

わたしたちは通行止めのために張られたチェーンに乗り上げ、転倒していました。

友人もわたしもお互いたいしたケガはありませんでした。

「何やってんだよ、ちゃんと前見ろよ」と言う友人に、

「あのおっちゃんが、スピードあげるから・・・。おまえも早く早く言うし」

そう言って目をやると、そこはどこも曲がる箇所が無い一本道なのですが、自転車おじさんの姿はどこにもありませんでした。

友人も、はやく、はやくなんて言ってないし、おじさんなどいなかったと言うのです。