回送電車の男

電鉄会社で働く友人の話。

車掌として回送電車に乗っていると、隣の車輌に人影がありました。

それは黒いコートを着た男性でした。

 

この電車は途中の駅で回送に変わってしまうので、うっかり降り損ねる人がいます。

気付かずに乗りこんでしまうことも珍しくもありません。

そんなときは、声を掛けて次の駅で降りてもらうのだそうです。

 

ドアを開けて隣の車輌に移ると、さっきまでいた人が見当たりません。

男がいた席に忘れ物の傘が立てかけてありました。

 

― 車輌を移動したのか? ―

 

他の車輌を見て廻るのですが、誰もいませんでした。

 

― これを見間違えたのかもしれないな ―

 

と思い、その傘を持って次の駅で降りようとしたとき、黒いコートを着た男が駅のホームに立っていました。

 

「すいません、それわたしのです」

 

そう言われて、思わず傘を渡してしまいました。

 

― あれ?今の人は何でこんなところにいるんだ? ―

 

そう思い直して振り返ると、男の姿はどこにもありませんでした。