プールの底の風景

小学校のプールの時間。

当時、自由時間になると、潜水してこっそり相手の後ろに近付き、足を取ってひっくり返すというイタズラをしていました。

 

その日もわたしは水の中に潜っては、次々相手の足を取ってはひっくり返していました。

 

誰かの足を狙って、プールの底から近づいたとき、違和感を感じました。

その足はプールの底に足が着いていません。

立ち泳ぎにしても足をバタつかせてもいません。

ただ体が真っ直ぐプカプカと水に浮いているのです。

 

周りはそれぞれ底に足をつけてはしゃいだり、泳いだりしています。

誰もこの異変に気付きません。

顔を見てやろうと思った途端、それは泳ぎだしました。

わたしの上を悠然と背泳ぎしていくそれには、頭がありませんでした。

 

それがプールの端へ消えていくのを見送ったあと、

わたしはすぐ水からあがって、プールサイドに座り込んでガタガタ震えていました。

 

そんなわたしをクラスの友人たちが

「唇が紫になってるぞ」と言って笑いました。