飛びつく女

通勤途中にいつも倉庫の前を通りかかります。

ある日、いつも閉じられている倉庫のシャッターが、珍しく半分開いていていました。

そのシャッターが半分上がった倉庫の中から、女の人のお腹の辺りから下が覗いていました。

その女の人はいくどもいくども飛び上がっていました。

ジャンプして、上のほうにある何かを取ろうと、懸命に飛びついてる様子が窺えました。

わたしはその様子を見ながら、倉庫前を通り過ぎていきました。

数日後、その倉庫の中から女の首吊り死体が発見されました。

発見されたときには腐敗がすすんでおり、首と胴体が千切れていたそうです。

わたしの話を聞いた会社の同僚は、

「ちょうどその時、首を吊ろうとしていたんだね」

と言いました。

しかし、あとで聞いたところによると、

不思議なことに千切れた頭部は、その腕の中に大事に抱えられた状態だったそうです。