半開きの襖

引越したばかりの友人が、また引越すと言い出しました。

押入れの襖が閉まり切らないのだそうです。

冬場はそこから冷たい風が流れ込んできて、どうにも寒いのだそうです。

― また引越しの手伝いに借り出されるのか? ―

それが嫌だったわたしは、とりあえず見に行くことにしました。

確かに、何かが引っかかっているわけでもない。

なのにあと10センチのところで閉まりませんでした。

― 建物自体が傾いてるのかなあ? ―

友人は襖の反対側に手をかけて、思い切り力を込めて閉めようとしました。

襖がガタガタするだけで閉まりません。

見ると、襖の上のほうに、押入れの中から何者かが襖が閉まらないよう、抵抗している手が見えました。

友人は汗だくになってハァ、ハァ言いながら、わたしに向き直って

「な、閉まらないだろ?」

その時、押入れの中から、長い乱れた髪が覗くのが見えました。

その長い髪も汗だくになって、ハァ、ハァしている様子でした。

それを見ながら、わたしは友人に言いました。

「すぐに出たほうがいいな」