暴露

大学の先輩Aの結婚式のときに、先輩Bがした暴露話です。

飲み会ですっかり酔っての帰り道。

途中の公園に向って先輩Aが突然走り出し、カバの遊具に飛び乗ると「こんなもの俺の拳で粉砕してやる」とばかり、

先輩A

「粉砕!粉砕!」

と叫びながらそのカバを何度も殴りつけました。

「おーい、帰ろう」という先輩Bの声にようやく殴るのをやめ二人は帰路につきました。

しばらく行くと、レンタルDVD屋がありました。

そこにはゲームコーナーや自販機コーナーもあります。

二人はそこで休憩する事にしました。

入ってすぐ横の自販機コーナーで休んでいると、自動ドアが開きました。

誰も入ってくる様子がありません。

変に思った先輩Bが見に行くと、やはり誰もいませんでした。

― 自動ドアの誤作動か? ―

と思っている矢先、

店内に流れていた音楽が途切れ途切れになったかと思うと、

「ここにいたか」

と声がしたというのです。

「あれは絶対、おまえが殴ったカバの怨念だ。カバに負けずに結婚できてよかった」と先輩Bはメガネ越しに涙を拭いました。