突然の訪問者

これは、ある日起きた実際の出来事です。

― ピンポーン ―

昼寝していると玄関チャイムが鳴りました。

事前連絡のない突然の訪問には出ないことにしています。

わたしは居留守を決め込むことにしました。

― ピンポン、ピンポン ―

何度もチャイムを鳴らして、一向に引き上げようとしません。

― しつこいな、さっさと帰れよ ―

と思っていたその時、わたしが寝ているすぐ横の襖が

― バンバンバンバン ―

と激しく叩かれる音がしました。

― 部屋に入ってきた!? ―

驚いたわたしは飛び起きて、襖を勢いよく開けました。

そこには誰もいませんでした。

玄関に行ってみると、ドアポストにメモ紙が放り込まれていました。

そこには、

― ○月○日○時○分 N○Kがお伺い致しました ―

と書かれていました。