向かいの窓の影

これは学生時代の夏休みに短期バイトしたときの事です。

 

そこは作業場には冷風機はあるものの、休憩所は扇風機があるだけで、夏場はひどく熱がこもるために、窓はいつも開け放されていました。

わたしは休憩の時間に窓枠にひじを付きながら、ひとりタバコを吸っていました。

真向かいの建物を見ると、わたしと同じように休憩している人がいました。

 

なんとなく見ていると、その人は窓枠によじ登り始めました。

 

― 窓ガラスの掃除かな? ―

 

などと思っていると、その人はおもむろに窓枠に足をかけ身を乗り出し、そのままストンと飛び降りてしまいました。

 

ハッとして見下ろすと、そこには飛び降りた人の姿がどこにもありません。

 

改めて正面の建物を見ると、別の人がやってきてそこの窓を開け、タバコを吸い始めました。

今まで開いていたと思っていた窓は、実は閉じられていたのです。

 

そこは実家から近いこともあり、その時までは就職も考えていた会社の工場でした。

 

Photo on Visualhunt