暗闇の泣き声

仲間4人と車を飛ばして天然の露天風呂に行ったときのこと。

そこは川の途中に温泉がわいているところで、辿り着くまで時間はかかるが、無料であるうえにお湯に浸かりながら流れ星も観察できました。

近くの橋のほのかな街灯の明かりと脱衣所の明かりがあるだけで、基本辺りは真っ暗です。

0時頃に現場につくと、想像していた以上に辺りは真っ暗で、手探り足探りしながら階段をようやく下りて、脱衣所に辿り着きました。

脱衣所の中に普通のお風呂があり、そこからさらに下っていくと天然の露天風呂になっています。

温泉に浸って一息つくと、時間を忘れて仲間と流れ星を数えていました。

― オギャー、オギャー ―

突然、暗闇の中から赤ん坊の泣き声がしました。

― 親子連れが入っているのかな? ―

その泣き声はだんだん大きくなってきました。

わたしたちはキョロキョロと辺りを見回し、泣き声の主を探しましたが、見つけることが出来ません。

泣き声もやがて遠ざかっていきました。

気味が悪くなったわたしたちは、慌てて露天風呂を後にしました。

車に戻ると、男の人がいました。

その人は「夜中は入らないほうがいいよ」と忠告しました。

その人に今起きた現象を話したところ、

かつて、ここで父親がわからない子を産み落として、川に流した事件があったことを教えてくれました。

「何かあってもこの暗さじゃ助けようがないからな」