ローカル線での出来事

ある田舎のローカル線に乗ったときのこと。

乗客がまばらの電車内でわたしは居眠りをしていました。

しばらくうつらうつらして顔を上げると、いつの間にか人が乗り込んでいました。

前の座席から会話が聞こえます。

陽気なおばさん連中です。

後ろの座席からも賑やかなおばさんの話し声が聞こえてきます。

― 慰安旅行だろうか? ―

「どちらへ行かれるんですか?」

前の座席の隙間からおばさんがこちらを、覗き込んで聞いてきました。

「ちょっとした一人旅です」とわたしが答えると、

「いいですねー、わたしたちは孫の顔を見てきて、戻るところなんですよ」とその目が笑いました。

― なるほど、離れて生活する息子夫婦のところからの帰りなのか ―

「みんな、もうすぐ着くよー」と声がかかりました。

電車はトンネルに入っていきました。

トンネルを抜けると、とたんに静かになりました。

さっきまでの喧騒がすっかり消えていました。

驚いたわたしは立ち上がって見回すと、前の座席も後ろの座席も人がいなくなっていました。

車内から、遠ざかっていくトンネルを見ました。

そのトンネルの上には大きな墓地が広がっていました。

それはお盆の日の出来事でした。