知らない大人たち

小3の時、父親と行った旅先での話。

ホテルにチェックインして一息ついてから、わたしは缶ジュースを買おうと部屋を出た。

 

案内人に教えてもらった自販機コーナーをめざした。

そこでジュースを買い、部屋へ戻ろうとしたら自分の部屋がわからなくなった。

 

通りかかった従業員に声を掛けた。

「部屋の名前わかる?」

「松の間」

「フロントの近くやね。フロントの場所から、自分でいける?」

 

その時に、フロント横の階段を上がってすぐのところだと思い出した。

 

「行ける!」

 

フロントの場所を教えてもらい、そこから自分の部屋へ真っ直ぐ向った。

『松の間』という表札を確認してドアを開けると、知らない大人たちがいた。

大人たちはみな笑顔でわたしに部屋に入るよう促した。

わたしはドアを閉めた。

 

わたしは『松の間』という表札を見上げながら、

 

― 部屋違ったっけかな? ―

 

と思いながら、フロントに戻ってその前のソファーに座り、もう一度よく考えてみた。

 

しばらくして、やっぱり間違っていないと、もう一度その部屋へ行ってみることにした。

『松の間』という表札を確認してドアを開けると、父が何事もなかったようにタバコをくゆらせてテレビを見ていた。

子供の頃の白浜のホテルでの実体験である。