エレベーターのボタン

よく心霊体験をするAの話です。

それは小学生のときに、12階建ての集合住宅に住む友人のところへ遊びに行ったときの事。

ボードゲームで遊んでいると、窓の外に何かが落ちていくのが見えました。

Aは人影に見えたので、

「人が落ちた」

と叫びました。

友人とベランダに飛び出し、階下を見たのですが何もありません。

鳥と見間違えたのだろうということでその場はおさまりました。

しかし鳥にしては大きすぎるとAは納得していませんでした。

― ここに長くいてはいけない ―

幾度か心霊体験をしているAの霊感が騒ぎました。

Aは用事を思い出したと言って帰ることにしました。

上階からエレベーターが降りてきました。

エレベーターに乗り込んで階を押そうと見ると、全てのボタンが押されていました。

「こんな時に!」

誰かのイタズラと思ったのですが、その時におかしな事に気付きました。

― 5階のボタンまで押されてある ―

ここは4階です。

ここのエレベーターは、5階のボタンまで押そうと思ったら、扉が閉まって5階から動き出してから押さなければなりません。

エレベーターの中には誰もいないのです。

Aは慌ててエレベーターから飛び出すと、階段を駆け下りて帰りました。

その友人のところに遊びに行ったのはそれ一度きりだそうです。