煙突上り

隣町に大きな集合住宅が固まってるエリアがあって、その中心部に公園があります。

その公園の裏手に、今は使われていない焼却炉があり大きな煙突が延びています。

子供の頃のわたしたちは、たまにその煙突に上って、遊ぶことがありました。

どこまで上れるか度胸試しみたいな遊びで、てっぺんまで上りきった者はおらず、たいがい途中で恐くなって下りてきます。

ある時、Aがその煙突上りに挑戦しました。

Aは順調に上っていました。

― お、初登頂か? ―

と思われたとき、Aは下りてきました。

Aによれば、

上りはじめてすぐ下を見ると、誰かがあとから上ってきたそうです。

それはこの世の者ではないと、すぐにわかったそうです。

Aは上を目指すしかありませんでした。

そして登頂寸前というところで上を見ると、それはAの先にいたのだそうです。

その焼却炉が使われなくなった理由というのが、かつて人を殺して、そこで遺体を焼くという事件があったからだそうです。

間もなくその煙突には『上るな 禁止』の貼り紙がされました。