潜り込んできたもの

ある真冬の休日、わたしはコタツで昼寝していました。

ネコが、コタツの中に潜り込んでくる気配がしました。

しばらくして、

― プゥウウゥ・・・ ―

わたしは、おならをしました。

すると、ネコが猛然と怒り狂って、わたしの足に噛み付いたりネコキックをしてきました。

あまりの激しさに、わたしはコタツを飛び出しました。

いつもは平然としてるくせに、今日は変だなと思いながら、

「ごめん、ごめん」

と、わたしは謝りながら、おそるおそるコタツの中を覗きこみました。

そこには何もいませんでした。

わたしの足にいくつもの引っかき傷が残っていました。