失敗した女

これは以前勤めていた、職場の人から聞いた話です。

ある会社帰りのことでした。

雨が降りしきる中、傘もささずにずぶ濡れになって、とぼとぼと歩いている女性とすれ違いました。

その女性は近所に住んでいる人でした。

「失敗した、失敗した」

としきりに呟いていました。

― 家を出るときに、傘を忘れたことを言ってるのかな? ―

と思いました。

すれ違う際に、変な匂いに気付きました。

それは潮のかおりでした。

この辺は海に近いこともあって、雨粒に海の匂いが混じってくるのだろうと思いました。

家に帰りつくと、その女性が行方不明になっていることを知りました。

前日に車で出かけたまま、帰ってこないのだそうです。

その女性宅に確認しても、やはり戻っていないと言うことでした。

― さっきすれ違ったのは人違いか? ―

それから数日後、その女性は海で遺体となって発見されました。

彼女は運転を誤り、車ごと海に転落して亡くなっていたと言うことです。