隣の訪問者

ボロアパート住んでいた頃の話です。

ある日の昼下がりのことです。

「ごめんください」と声がしました。

うちにではなく、お隣に訪問者です。

台所で洗い物をしていると、自然と隣の会話が耳に入ってきます。

それぐらいここは壁の薄いボロいアパートです。

「早急に出て行ってもらわないと困るんですよお」

― え、家賃未払い?強制退去? ―

「そう言われてもねえ、こっちも他に行くとこないし・・・」

もめているようで会話がだんだんあらぶってきます。

「ああ、わかりましたよ、出て行きゃいんでしょ、すぐに出て行きますよ。俺はどこへ行けばいいんだよおおおお、わああああああああ!!」

とうとう隣の住人はキレてしまったようでした。

様子を見ようと、窓を少し開けて覗くと、そこには誰もいませんでした。

― そういえば、お隣は空き部屋だったはず・・・ ―

これまでお隣は、せっかく入居してもすぐに出て行ってしまうのでした。

外へ出て見ると、隣のドアにいつの間にか魔除けの御札が貼られていました。

この後、入居した人は長く住んだようです。