いらない

ある一軒のお宅を訪問したときのこと。
玄関チャイムを鳴らすとドアの向こうから、トタトタトタと足音をさせながら「はーい」と幼い子どもの声がしました。

わたしはドア越しに話しかけました。

「お母さんいる?」

「いらない」

そう言うと、その子はトタトタトタと戻って行ってしまいました。
その後、何度も玄関チャイムを鳴らすのですが、出てくる様子はありません。
どうやら幼い子どもひとりでお留守番のようです。
わたしは日を改めて伺うことにして、その場を後にしました。

数日後、そのお宅に伺うとお通夜が行われていました。
その家の若い女性の方が亡くなったそうです。
その方は、人に言えない仕事をしていて、何度も妊娠中絶を繰り返していたそうです。

なお、子供はいない、ということでした。

Photo on Visual hunt