らせん階段

ある時、友人がこんな話をしました。

友人は12階建てのマンションの3階に住んでいます。

普段はエレベーターを使うのですが、エレベーターが上層の階で止まっている時は、階段を使うのだそうです。

エレベーター横の鉄扉を開けるとらせん階段になっていて、そこを上り下りするのです。

友人がそのらせん階段を降りていたときの事です。

階段を降りはじめるとすぐ、

カンカンカンと凄い勢いで降りてくる靴音がしました。そうとう急いでいるようです。

階段の幅は狭いので、

― 早く降りないと邪魔になってしまう ―

と思った友人は、早足で降りました。

1階に降り立ちドアを開けて、見上げながら相手を待ちました。

するとらせん階段の隙間から見えてきたのは、血の気の無い腰から下だけの、下半身だけの物体でした。

異様さに気付いた友人はすぐに扉を閉め、その場から離れたそうです。

「ところでさあ・・・」

友人は改まって切り出しました。

「今から、そこに行かない?」

困惑しているわたしに友人は続けました。

22分の1なら、勝てると思うんだけど」