体育館の天井

高校の時の話。

そろそろ学校の閉門時間という時に、ひとりで体育館の天井に向ってボールを投げつけてる人がいました。

天井に引っかかったバレーボールを、取ろうとしていました。

わたしもそれに参加しました。

ふたりでボールを天井に向って投げました。

ふたつみっつとボールが落ちてきました。

残りひとつがどうしても落ちてきません。

天井の鉄筋にしっかりとはまり込んでしまっているようで、ボールをぶつけても微動だにしません。

「おお、もうちょい」

「おしい」

お互い時間を忘れて夢中になっていたその時、

「おーい、門閉めるぞー。片付けて帰れー」

と見回りに来た人から声がかかりました。

時間切れです。

帰らなければなりません。

わたしたちは続きはまた今度と話し合い、ボールを片付けて体育館を出ようとしたとき、

「あははははは」

突然、館内に笑い声が響きました。

天井を見上げると、鉄筋にはまり込んだ白い顔がこちらを見下ろして、けたたましく笑っていました。