台風の霊

先輩が中学生の時の台風の夜の話です。

先輩は仲間達と4人で自室にたむろしていました。

外を見ると、雨はやんでいましたが、風が轟轟と吹き荒れていました。

「川の様子見に行ってみようぜ」と誰かが言いだし、行くことになりました。

雨はほとんどやんでいましたが、風が非常に強く、波が荒れて堤防に激しく打ち付けていました。

堤防の上に立ち、強い風を見て「おしっこ飛ばししようぜ」と話になりました。

おしっこを風に乗せて、俺のほうが飛んだ、いや俺のほうだ、なんてやっていました。

おしっこの糸が一本多いのに気付きました。

仲間たちもそのことに気付きました。

みんながざわついている中、突然一番端っこに立っていた友人が、

「出た、出た」

と慌ててみんなに逃げるように促しました。みんなは言われるまま、その場から走り去りました。

「何が出た?」と言う仲間達に、

「赤ん坊を抱いた女の霊が出た」と友人は説明しました。

「女が立ちしょんなんかするかよ」とあきれて言うと、

「いや、女の霊が赤ん坊におしっこをさせていたんだ」

とその友人は真顔で言いました。