後部座席の男の子

県道で無理な追い越しによる事故が発生しました。

乗用車の追突事故でした。

軽トラックの後部と乗用車のフロント部分は大破していましたが、幸い運転手はどちらも何とも無いようでした。

乗用車の中を覗くと、運転席と後部座席の間に男の子が横たわっていました。

「死んでるのかな?」

と言うと、男の子がむくっと頭をもたげてこちらに視線を送りました。

「なんだ、生きてるじゃん」

やがて現場検証も終わり、レッカー車がやってきて、どちらの事故車輌も運ばれていきました。

後日、またしても同じ現場で事故が発生しました。

今度も乗用車による追突事故でした。

車内を覗き込むと、運転席と後部座席の間に男の子が横たわっていました。

「死んでるのかな?」

と言うと、男の子がむくっと頭をもたげてこちらに視線を送りました。

「なんだ、生きてるじゃん」

― あれ?つい最近同じことがあったぞ? ―

と、思っていると男の子が起き上がり、ドアを開けて外に出てきました。

「ぼく、死んでるよ」

と言い残して、その男の子は野次馬の中に消えていきました。