後から登ってくるもの

唐突にAが山へ行こうと言い出した。

強引に連れ出される形でAの車に乗り込み山へ向った。

メンバーは昼下がりに、大学の部室でたむろしていた私とABの三人だ。

駐車場に車を残して、私たちは山道を登り始めた。

途中岩場に差し掛かった。

急斜面な岩肌のところだ。

― こんなとこ登るって聞いてないぞ ―

なんて思いながらも、ここまで来たら意地でも登ってやるという気持ちにもなっていた。

上を見るとAが軽快に登っている。

下を見るとBがきつそうに登ってついてくる。

体格的にはAはがっちりした体型で、Bは背も低く痩せ型のメガネ。

私はAには及ばないにしても、Bにだけは負けたくなかった。

しばらくして見下ろすと、Bがすぐそばまで迫っていた。

― いつの間に!? ―

Bはしんどそうにしながら、手を伸ばして私の足を掴もうとしてくる。

― 私に掴まって休もうというのか? ―

私はBに追いつかれまいと急いで登った。

登り切るとAが余裕綽々で待っていた。

振り返るとBが見えない。

「あいつ途中で引き返したな」とAが笑いながら言った。

私たちはしばらく景観を堪能して下山した。

駐車場に戻ってくると、Bが車にもたれかかって待っていた。

「もうちょっとで登りきれたのに、何で降りてんだよ」と言う私に、

「何いってるんだ、俺は最初からここにいる。斜面見た瞬間に無理だなって思ったから・・・これだぞ」

Aは足元を指した。

見ると彼はサンダルを履いていた。

私の後を登ってたのは誰だったんだ?もし足を掴まれていたら・・・と思うと。