ラジオ体操

夏に泊りがけで、野外イベントの夜間警備のバイトに行ったときのこと。

警備のメンバーは3人。

普段は民宿に泊まって、閉園時間1時間前にイベント会場に入ります。

会場の真横に停めてある車の中で交代で仮眠を取りつつ、一人は入口の詰め所で常に待機、もう一人は会場の奥で待機しながら、定期的に巡回するというのが仕事内容です。

朝になると開演前のラジオ体操を聞きながら、車で民宿に帰るというサイクルです。

わたしは夜明け前に車の中で仮眠をとっていました。

唐突にラジオ体操の音楽が流れてきました。

わたしは驚いて飛び起きました。

見ると、辺りは霧に包まれて真っ白でした。

朝はよく霧が発生するので、特に驚きはしませんでしたが、起こしに来てくれるはずの人が誰も来なかったのです。

金網のフェンスの向こうの霧の中で、ラジオ体操を踊る従業員の影がチラホラ窺えます。

寝過ごしたと思ったわたしは、慌てて詰め所に戻りました。

詰め所ではリーダーが椅子にどっかり座ったまま、わたしを見てキョトンとしています。

時計を見るとまだ朝の5時前でした。

ラジオ体操もいつの間にか鳴り止んでいました。

寝ぼけたんだろうとリーダーが笑っているところに、

会場奥で待機しているはずのもう一人のメンバーが飛んできて、霧の中を指しながら言いました

「なんでラジオ体操が流れてるんですか?」