もしもし

桜の花が満開の頃。

飲み会の帰りの真夜中にバスに出くわしました。

―こんな時間に営業しているのか―

この時期は花見客が多いから、遅くまで臨時営業しているのだろうと思いました。

そのバスは停留所に停まっていました。

眠いし歩きたくもなかったわたしはすぐに乗り込みました。

乗客は誰もいません。

運転手も席を外していませんでした。

わたしだけの貸切状態です。

わたしは一番後ろの座席に座ってまどろんでいました。

しばらくすると「もしもし」と声がしました。

わたし以外誰も乗っていなかったはず。

目を開けると運転席から運転手がこちらを伺っていました。

行先を見ると回送と表示されていました。

― しまった回送車だったのか ―

どうやらトイレか何かで運転手が席を外しているところへ、乗り込んでしまったようです。

わたしは慌ててバスを降りました。

降りてから、すぐに妙なことに気付きました。

「もしもし」と話しかけてきた声は明らかにすぐそばでしたのです。

見ると、さっきまでわたしが座っていた座席から、女がわたしを凄い形相で睨みつけていました。

― もしかして、女の霊の膝の上に座っていたのか? ―

と思いながら走り去るバスを見送りました。