コラッ!

これは小学生の頃の出来事です。

狭い路地で年長の男の子が得意気に言いました。

「こんなんできるか?」

彼は両サイドの壁に両手両足を突っ張らせて、レンジャー部隊みたいな要領で壁をするすると軽快に登りはじめました。

3階の高さまできたところで、突然、窓がガラッと開き、住人が顔を出して、

「コラッ!」

と怒鳴りました。

男の子は真っ青な顔をして下りてきました。

その一連の様子が可笑しくて、わたしは爆笑しながら彼が下りてくるのを待っていました。

「そんなん、ようやらんわぁ」

と腹を抱えて大笑いするわたしに、彼は血の気の引いた顔で言いました。

「下からは見えへんかったやろうけど・・・さっきの人、腰から下が無かった」