すだれ越しの怪

ある夏の夕暮れ時のこと。

わたしは近所の店先で、カキ氷を食べていました。

カキ氷を食べながら、すだれ越しに表の様子を見ていると、前の通りをフラフラしながら歩く女の子に気付きました。

道路の白線の上を綱渡りしているつもりなのでしょう。

両手を広げてバランスをとりながら歩いています。

わたしがカキ氷に目を落としていると、

「あ、落ちた」

と声がしました。

そちらに視線を送ると、女の子が何やらボールみたいなのを追いかけています。

その時、女の子の体に頭部がないように見えました。

それに追いついた女の子は、しゃがんでそれを拾い上げると、頭の位置に乗せて、また綱渡りの要領で両手を広げ、フラフラしながら歩きだしました。

驚いたわたしは、すだれを上げました。

そこには誰もいませんでした。

 

Photo credit: Anders Adermark on Visual hunt / CC BY-NC-ND