うずくまる男の子

野球部の練習中、グランドから飛び出したボールを探していたときのこと。

歩道から1段下がったところに、4歳ぐらいの男の子が頭をかかえ体を丸めるようにして、うずくまっていました。

― ボールに当たった?車にはねられた? ―

その子は、全く動こうとしません。

― もしかしてかくれんぼ?だとしたら、声かけないほうがいいのかなぁ? ―

などと思いながら、あたふたしながら辺りをキョロキョロ見回していると、

― クスクスクス ―

と笑い声がしました。

振り返ると、自転車に乗ったおばさんが笑っていました。

そのおばさんが笑いながら言いました。

「変な格好で死んでるなあ」

わたしがエッと驚いて男の子を見ると、そこに男の子がいませんでした。
振り返ると、おばさんも消えていました。

 

Photo on Visual Hunt