地下浴場

ある東北の観光ホテルに泊まったときのこと。

そのホテルは大浴場が、地下浴場と展望台大浴場があるところでした。

わたしは静かにのんびりしたかったので、混んでいないと予想した地下浴場へ行きました。

脱衣所には誰もいませんでした。

が、浴場の中からわいわいと子供たちの騒ぐ声がします。

― しまった、子供の貸切状態なのか? ―

しかし、浴場の中に入ってみると誰もいません。

騒がしい声もピタッとやみました。

― 隣の女風呂から聞こえてたのかな? ―

とわたしは思い、これ幸いと湯船にゆったりと浸かっていました。

湯船に浸かりながら反転して見ると、そこは壁一面の大鏡になっていました。

その大鏡の中には、何人もの子供達が湯船に浸かるわたしを取り囲んで、ジッと見つめている様子が映っていました。

わたしは驚いて、すぐに脱衣所へ逃げ込みました。

するとまた、浴場から子供達がはしゃぐ声が響きました。

わたしは着替えもそこそこに地下浴場を飛び出し、展望台大浴場へ向いました。