物置での記憶

友人の幼稚園の頃の話です。
ある時、ケンカをした罰として、物置に閉じ込められたときのこと。

物置の中に入れられると、積み上げられたマットから男の子が顔を出しました。
何か問題行動を起こして、閉じ込められた先客です。
その子は物置の中を色々教えてくれました。
あるダンボールを開けると、替えの下着が入っていました。
別の箱には、古くなった積木などの遊具もありました。
ずいぶん中の事情詳しいようです。

- 何度も物置に閉じ込められてるのかな? -

そのうち扉が開かれ、先生から出るように言われましたが、なぜか出されたのは友人だけでした。
友人は思いました。

- あいつ、よほどひどい悪さしたんだな -

後日、おともだちのひとりがお漏らしをしました。
友人は替えの下着を取りに、物置のダンボールに走りました。
ダンボールから取り出した替えの下着を、先生に渡しました。
先生は驚いて、友人に言いました。
「下着の場所、よく知ってるね?」

「教えてもらった」

「誰に?!」

よく考えると、その幼稚園では悪さすると、給食室のおばさんに預けられ、そのおばさんからゲンコツをいただくか、立たされるのだそうです。

その時は、おばさんがたまたま不在だったためで、物置に入れられることはめったにありません。

「今思うと、顔も名前も知らないやつだったんだよなぁ」