双眼鏡から見えたもの

俺には少しだけ変わった趣味がある。

その趣味というのが、夜中に家のマンションの屋上に出て周囲の街を観察すること。

覗きがしたいからとかじゃなくて、昼間とは違う、誰もいない静まり返った街を観察するのが楽しくて

毎日街を見る。

遠くに見える古びた給水タンクとか、深夜に走るタクシーとか、灯りがついたり消えたりする街灯なんかを見ていると違う世界に見えて妙にワクワクする。

俺の家の東側には細長い坂道があって、それが俺の家の方にまっすぐ向かって下ってくる。

だから屋上から東側を見れば、その坂道の全体を眺めることが出来るようになってる訳だけど…。

ある日の深夜、その坂道の脇に設置されている自販機を双眼鏡で見ながら「虫が沢山飛んでるな~」なんて思ってたら、坂道の一番上のほうから物凄い勢いで坂を下ってくる何かがいた。

「車か?」と思って双眼鏡をそっちに移して見てみると、ガリガリにやせ細った子供が笑顔でこっちに手を振りながら猛スピードで走ってくる。

そいつの視線は完全に俺の方に向いていて、俺の存在に気づいているようだった。

意味が分からなくて暫く呆然と眺めていたけど、次第に怖くなってきて急いで屋上を出て家の中に逃げ込んだ。

ドアを閉めて、鍵をかけて震えていたらダダダダダダ!って屋上への階段を上がる音がマンション内に響いた。

明らかに俺を探してる、どうしようマジでヤバイ!って怯えながら、震える手で野球バッドを武器代わりに両手で握って部屋の前で構えてた。

走る足音が段々俺の階に近づいてきて、ついに俺の家のドアをダンダンダンダン!と叩いくと今度はチャイムをピンポンピンポン!ピピポン!ピポン!と連打しながら鳴らしてくる。

さらに「ウウウッ、ンーーッ!ウウウッ、ンーーッ!」ってうめき声まで聞こえてきて、もう俺は全身ガクガク震わせ唇を噛みしめながら声を殺して息を潜めた。

それが1分ぐらい続いたあと…急にノックもチャイムもうめき声も止んで、静かな状態に…。

緊張したまま警戒しながら野球バッドを構えて固まっていたが、そのまま朝日が昇り朝を迎えた。

俺は恐る恐る玄関の覗き穴をそ~っと覗いてみたが、誰もいなかった。

結局あいつがなんだったのかは分からず仕舞いだが、それ以来夜中に双眼鏡を覗くことはなくなった。

Photo on Visualhunt.com