襖の向こう

小学校の林間学校でお寺に泊まったときのこと。

わたしたちは襖で仕切られた部屋で、それぞれ数人のグループに分かれて寝ていました。

当初はみんな浮かれて、わいわいはしゃいでいましたが、明け方近くになるとほとんどの人が眠りについていました。

私が寝ていると、襖の向こうからヒソヒソと話し声が聞こえてきました。

隣の部屋はまだ起きているようでした。

― うるさいなぁ ―

と目を開けて見ると、襖がスーッとわずかに開きました。

襖の向こうで影が動いているのが見えました。

何人かでこちらを覗きこんで「ヒソヒソ」「ウフフ」などとやっています。

なかなか寝付けずに、少し気が立っていたわたしは、上体を起こし

「早く寝ろよ」

と襖を勢いよく開けました。

そこは押入れでした。

Photo on Visualhunt