ドアポスト

わたしが1年足らずで引越したアパートでの実際にあった出来事です。

お隣には二十歳ぐらいの若い夫婦が住んでいました。

夫婦には3歳ぐらいの子供がいました。

よく前の廊下を走り回って遊んでいる子でした。

その家族はいつも土日や祝日は家を空けていました。

休みの日は実家に泊まりに行くのだそうです。

ある日曜日の夜7時頃、わたしは買い物に出かけようと準備していました。

ふと玄関ドアを見るとドアポストから子供が覗いていました。

お隣の坊やだと思いました。

― あれ?もう帰ってきたのかな? ―

「おかえり、どうしたの?」

と声をかけるとパタンとドアポストが閉じました。

外に出てお隣を見ると、部屋に明かりが点いていません。

― 一旦帰ってきて、出掛けるとこだったのかな? ―

何か変とは思ったものの、あまり考えないようにして買い物に出かけました。

買い物から戻ってきて、ドアノブの鍵穴にキーを差し込もうとした時、ふと見るとわたしの部屋のドアポストが開いて、子供の目がこちらを見上げていた。

「えぇっ!?」

っと、驚きの声を上げるとパタンとドアポストは閉まりました。

わたしは年が変わらないうちに、そそくさとその部屋を出ました。